ただし大部分の店やフードコートに

契約店で全部の所有カードが使えるわけではありません。血をサラサラにする食べ物

▼クレカ会社の加盟店は複数のクレジットカードの運営会社と契約しているんですがいかんせんみなの加盟店でみなのタイプの契約カードが使えるんではありません。バイク 売る

例をあげれば以前からある契約店舗のときはJCBのロゴの入っているそのカードしか使用不可なときもありますし新しい契約店舗の場合だとVISAとマスターといったロゴのついているカードのみしか決済できないときもあります。アイランドタワークリニック

ダイナースのようなクレカ会社なら、もっと切れない商店が多いでしょう。

どのロゴのクレジットカードが使用可能かというのをどこで見分けたらいいものか?「だったらどのような方法でどのブランドのクレカが使用できるかを確かめたらいいんだろう?」というと、確実に知るんだったら店舗の方に聞いてみる以外にはないというのが残念だけど正しい回答です。

ただし大部分の店やフードコートには加盟店の目につきやすい部分に使えるクレジットカード会社のブランドが書かれた加盟ステッカーが貼り付けられている理由から「へー、あそこの店はMasterCardが決済できるのね」というのが分かりやすいようにされてるため確認しておいていただけるとよいと思います。

しかし、正確に案内が出来ていないお店のような場合にはステッカーが掲げられている場合でも「ここでは○○クレカはご決済いただけません」といったような対応をもらってしまうなどという状況もないわけでもなくあたふたしてしまうこともなくもないですね。

お勧めとしてはできる限りはより多くの加入店舗でカードが切れるようにするためにも、異なる種類のロゴ(インターナショナルなロゴ)が書かれている一般的なVISAカード、アメックス、等のクレジットカードを複数申し込んでおくようにするとよいでしょう(例えば:JCBをすでに持っているなら他方は銀聯カード契約のクレジットカードを申し込むなど)。

特に日本ではVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのロゴが入っているクレジットカードを日ごろから携帯しておけば間違いなく100%の加盟店で3枚のうちどれかのクレカを使うよう準備できていることになります。

クレジットカードを使いこなして効率よくスマートな支払いを目指すならば、万能に対応できるクレカを作っておいてほしいとおもいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.pawsforaimee.org All Rights Reserved.