クレカを店頭で使う場合に

クレカを店頭で使う場合に、もれなく経験したことがあるのではと考えますがレジの担当者が不慣れなためいったいどの明細をお客さんのもとへ渡すべきか迷うことがおありかと思います。所沢 交通事故治療

というのも、クレカを使うと、カード端末の方から3枚の明細が発行されるからでしてこの明細のうちどれをカード利用者の方へ渡すべきなのか迷ってしまうという話です。男 陰毛 脱毛

複数の利用明細の説明→数枚の明細レシートの内容はどういうものかをまとめると以下の通りとなります。

1お客さんへ渡す用の使用レシート。

2お店の控えレシート。

3カード会社控え用の紙(記名を行う紙)。

本来は絶対お客さん側へ渡す使用レシートの方を受領するのですが、たまに店舗で保管するレシートの方を利用者側へミスして渡すというというケースや記名をした方の使用明細自体を渡すというなんていうパターンなどもあります。

特にパートスタッフに対してやいつもクレカが使われるケースの少ない店において使用する際そういった従業員の戸惑いを垣間見れるだろう。

万が一従業員が誤った利用レシートというものを提示して場面では、やさしく「こちらは違いますよ」と正してあげてほしいものです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.pawsforaimee.org All Rights Reserved.