www.pawsforaimee.org

とうとう取引する時という場合には始めに準備を手抜きしてはいけません。トレードを行う前物事を論理的に観察する事ができるゆとりがあります。だが、一度相場の内側へ立ち入ってしまうとどうあがいても考え方が自己中心的になってしまい、適切な考え方が出来なくなる。恐れが生じる。それゆえに自身の論理的なうちに、適切に準備を進めておくことが大切です。この”準備”とは、はじめは自分だけの台本を書くことからスタートします。この先の投資状況は下がる(または上がる)から、この通貨を買う(あるいは売る)というふうに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。次にチャートを調べましょう。過去の相場の推移を確認して今の位置を確認します。そうすれば、「今はかなり偏った場面になっているな」「すでに大方の人が取引しているから、これから先遅れて売り(または買い)しても遅すぎるな」ということが見えてきます。もちろん今さらしかけるのが手遅れだなと思っていたら手を出さないで、吹っ切ることが不可欠です。無理に自分なりの脚本を引き下げないで無理やり新規エントリーすると外国為替相場にやられて、反対に損害を受けることになる可能性があります。とは言ってもかなりの場面で、緻密な自分自身の物語を考えていれば買い(または売り)が遅いというケースにはなりません。リアルに相場が変動する前のはずです。更に、差し当って自らがとろうと考えている外貨の動きを、正確に見る事が大切です。例としてドル高になるというシナリオを記したのであればその通貨の上げ下げに注目する必要があります。為替相場の動きを注意を払い始めたばかりでは、ドルは大きく上下動する気配を見せることはなく上下に小幅な変動をしているだけでしょう。しかしながら、その上下動をじっと気をつけているとある地点で確実にドル高の方向へと外国為替相場が動き始めてくる。そこでやっと、ドルの注文をします。注意深く事前準備をしておけば、その注文で勝つ可能性はぐっと大きくなるはずです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.pawsforaimee.org All Rights Reserved.